会長挨拶

今年度のクラブ運営方針

2017~2018年度 クラブ会長 加登 章司

 本年度 国際ロータリ会長の イアン H.S. ライズリー氏のテーマは:変化をもたらす(Making a Difference)です。船橋クラブは 近年 会員の増加により活気が出てまいりました。会員の増加と親睦の強化はクラブの魅力を高める唯一の方法であると考えます。さらに 地区 寺嶋哲生バナーは 人口減少の環境下において何をなすべきかを明確に論じられています。

 今年度のクラブ活動方針としては 会員相互の親睦を最優先の課題といたします。何故ならば 活気のあるクラブ運営の基本となるのが親睦活動だからです。 船橋ロータリークラブの会員は増加傾向にありますが 入会年数の少ない会員も増加しています。これらの新しく入会された会員に「ロータリーの楽しさ」と「ロータリーの運営」を理解していただき将来のクラブ活動の中核となっていただけるよう運営いたします。

 幸い 前年度山田会長のご尽力により船橋ロータリークラブの細則が見直され 以前よりも クラブの運営規定が明確化されました。また 近年の運営上の諸問題にも対処し易くなりました。
今年度は 新規定の下 経年事業となっている奉仕活動を推進いたします。また 親睦活動も活発に行いますので 会員各位のご協力をお願いいたします。