オリンピック選手上田藍さんの出前授業を開催

船橋市が掲げる「市民の皆様の幸せと子供達の豊かな未来」の取り組みの一環として、船橋ロータリークラブでは毎年次世代育成をはじめ様々な社会奉仕活動に取り組んでおります。今年は特にオリンピックイヤーということもあり船橋市・船橋市教育委員会の後援と日本トライアスロン連合の協力を受け、オリンピック3回連続出場の女子トライアスロン第一人者の上田藍選手をお迎えし、11月17日に船橋市立宮本中学校で“出前授業”をロータリー財団の当地区補助金を活用して開催しました。会場となった体育館には全校生徒850名のほか保護者の方々や船橋ロータリークラブのメンバーが多数出席しました。上田藍選手は小柄な身体のハンデを「向上心に限界はない!」という言葉をバネに活躍を重ね、2016年世界トライアスロンシリーズでは年間ランキング3位に輝くなど大きな成績を残されています。今回の授業では、中学、高校時代に水泳、陸上に打ち込んだが成果が出なかった話やその後トライアスロンに転向したなど「あきらめない限り成長する」ことを熱く語って頂きました。またレースで使用する競技用バイクを実際乗って頂くなど生徒さん達には上田選手を身近に感じて頂けたと思います。

当日はマスコミの皆さんにもこの活動にご興味を頂き全国紙2社をはじめテレビ局など8社の取材を受け、記事やテレビで授業の様子が報道されました。船橋ロータリークラブでは今後も次世代育成や社会奉仕活動を積極的に取り組んでいきます。